『板ガラス』

板ガラスとは文字通り板状のガラスです。一般的に厚みの大きなガラスに総称されます。
ゆがみのない美しさと、加工技術が見事に融合し、様々な商品が板ガラスから生み出されています。

『強化ガラス』

同じ厚さのフロート板ガラスに比べると3~5倍の強度を持つため、割れにくく、万一割れた場合にはガラス全面が粒状になるので安全面での特徴があります。
万一事故が起きた場合、「強化ガラス」なら破片は小さな粒状になり、大怪我をする心配はありません。

『複層ガラス』

複層ガラスは、スペーサーと呼ばれる金属部材で、2枚のガラスの間に中空層を持たせたガラスです。スペーサーを用いて保たれた空間には、乾燥空気を封入してあります。
複層ガラスは、熱が最も移動しやすい「窓」の断熱性能を高め、それらの問題の多くを解決します。

『合わせガラス』

合わせガラスとは、その名のとおりガラスをくっつけて作られたガラスです。2枚以上のガラスを強靭な樹脂膜で接着して一体化します。
樹脂膜の力で、割れてもガラスの破片が飛び散ることがありません。一般的なガラスよりも安全性能が格段に向上しています。

『真空ガラス』

真空ガラスは2枚のガラスの間に0.2mmの真空層をつくることで、熱の「伝導」と「対流」を防ぎ、「放射」は高断熱特殊金属膜で抑えています。
そのため冬は暖房負荷を軽減し、夏は日射熱を反射し、「冬は暖かく、夏は涼しい」環境をつくりだします。

『網入板ガラス』

火災時にガラスが破損しても網がガラスの破片の落下を防ぐので、割れたガラスに隙間がでないため火炎の侵入を防ぐ防火ガラスです。法規上、定められた箇所には防火ガラス使用が義務付けられています。

 ホーム

 →サイトマップ

 →お問い合わせ

 →プライバシーポリシー

サービス

サービス内容

各種ガラスの紹介

会社情報

会社概要

アクセス

港南ガラスBlog

リンク